小児眼科

小児眼科

診療内容

患者の気持ち

小児眼科を受診される方へ

小児眼科のイメージ

小児期は、視機能の発達する重要な時期です。
この時期に視機能の発達を阻害する原因となる病気を早期に発見し治療することは非常に大切です。

しかし、お子様の診察や検査は、お子様本人の理解や協力が得られにくいことが多くあり、スムーズに進まないこともよくありますます。 そこで当院では、お子様のなじみやすい検査・診察環境を整えたり、対応を工夫したりして、出来るだけ怖がらせず、楽しく検査や診察を受けて頂けるように配慮し、ベテランのスタッフと共にお子様の診療をさせて頂きます。

また、お子様は自分から「見えない」「見えづらい」とはなかなか言いません。 ですから、次のような場合には、お早めに受診されることをお勧め致します。

近視・遠視について

近視と遠視は屈折異常のひとつです。
屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体によって決定されます。眼軸の長さが長すぎたり(近視)短すぎたり(遠視)すると、網膜にピントが合わなくなります。これを屈折異常と言います。

近視とは

近視

近視は、目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び物がぼやけて見える状態です。近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼやけてしまいます。
近視の原因は、親御様が近視の場合、お子様も近視になる可能性が高いため、遺伝的な要因と、勉強・読書・テレビ・ゲームといった近くを見る作業を長く続けて起こる、環境的な要因が関係すると考えられています。

遠視とは

目に入ってきた光が網膜より後ろで像を結んでしまのが遠視です。遠くのものも、近くのものもピントがぼやけてしまいます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、うまく目を動かすこともできず、視力も弱いのです。日々ものを見ることで、少しずつ視力が発達していきます。しかし、生まれつき遠視の場合、ものをぼんやりと見ているため視力が発達せずに弱視になる場合があります。また、そのままピントあわせを行わないでものを見ていると、はっきりと見えないため、目が内側によってしまい、遠視から斜視になる場合もあります。

弱視について

弱視は、視力が発達する小児期に網膜に鮮明な像が映らないことによって、ものを見るために必要な脳の機能が発達しないために起こります。 手遅れになると(視力の発達期を過ぎると)どんな眼鏡やコンタクトレンズをかけても視力が出なくなる病気です。

お子様の弱視は早期治療することが大事です。
弱視の治療は6、7歳以降になると治療の効果があまり期待できないと言われているため、6歳以前に治療することが大切です。

弱視の症状

ものがよく見えないのが弱視の大きな症状です。
両目が弱視の場合、ものに目をくっつけるようにして見たり、見ているものから離すと嫌がる様子が見られます。ただし、片目が弱視の場合は、視力が良い方の目で見えているため、周りも気づかないことが多いようです。気づかない場合、3歳児健診で発見されることが多いのでぜひ受けましょう。

斜視について

目は、あるものを見るときは左右同じ方向に視線が向きます。
しかし、斜視の場合は片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているのに対し、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いています。
斜視は主に片方の目に頼ることになりますので、使わない斜視の目の視力が低下したり、ものの見え方(遠近感など)が違ってくるようになります。

医院概要

医療法人社団福地会 福地眼科

所在地
〒156-0057
東京都世田谷区上北沢3-17-3 NKビル2階
電話
03-3304-5586

診療時間

  日祝
9:00~12:30 - -
14:30~17:30 - - -

休診日 木曜・日曜・祝日

※学会などの場合、上記以外で休診させて頂くことがございます。
※緊急時などはHPに記載できない場合がございますのでご了承下さい。

ACCESSMAP