眼科一般

眼科一般

診療内容

患者の気持ち

眼科一般を受診される方へ眼科一般を受診される方へ

眼科一般

人は、外界からの情報の約80%を目から得ています。この情報量を考えると、聴覚や嗅覚など他の感覚器官に比べ、その取得する情報量は圧倒的に多く、したがって五感の中でも最も大切な感覚器官であると言えます。

そんな大切な感覚器官であればこそ、ちょっとした症状や、ほんの少しの気になることであっても軽視することなく、必ず眼科を受診していただきたいのです。ほとんど自覚症状の無いままに、視力が大きく低下していたり、視野狭窄(見える範囲が狭くなる)が進んでいたりするケースも少なくありません。

受診が早ければ早いほど、病状を早く改善したり、進行を食い止めたりできます。
病状が進行してから治療するよりも、治療にまつわる患者様のご負担もずっと軽くなります。

万が一にも、目の病気が重症化することによって、仕事や学業、日常生活に支障をきたすようなことが無いよう、ためらうことなく専門医にご相談ください。
当院では、これまでの豊富な臨床経験を活かし、きめ細かくご相談にお応えしていきたいと考えております。お気軽にご来院ください。

例えば、こんな症状はありませんか?

症状の原因を探っていきましょう

眼が赤い

眼が赤い

白眼が赤いと、他人から見て目立つうえに、自分でもどうしたのかと気になるものです。
これには、「充血」と「出血」の、二つの場合があります。

充血は炎症で血管が拡張して、その血管が筋状に見えるものですが、筋状ではなく、白目全体がどんよりと赤く染まるケースもあります。細菌やアレルギーによる結膜炎のことが多いのですが、上強膜炎、強膜炎、虹彩炎、点状表層角膜症、ぶどう膜炎、ドライアイなど、結膜以外に原因があることも。また、外部からの刺激や眼の疲労によって引き起こされたりもします。
コンタクトレンズをしている場合、角膜に傷がついていたり、はめたまま寝てしまい、角膜が酸素不足でただれてしまっている場合もあります。こうした場合は、装用を中止した上で、すぐに眼科を受診してください。

出血の場合はいかにも血液という感じで、鮮赤~朱色で、ある程度広がりがあります。結膜下出血と言って、結膜の裏側にある血管が中で切れて、出た血液が透明な結膜を通して透けて見えている状態です。皮膚で言うと打撲後の青あざ(皮下出血)のようなものです。
皮下出血と同様に、放置しても通常は数日~1、2週間で吸収されますが、再出血することもあります。多くが心配いらないのですが、網膜に出血している場合もありますので、眼科への受診をお勧めします。

涙や目やにが出る

涙が出るのは、アレルギー性結膜炎の症状の一つとして知られていますが、他にも、涙の排水路である涙道が気づかないうちに炎症で詰まってしまい、眼のところであふれ出てしまったり、まつげが内側に向かって生えている「逆さまつげ」の刺激で出ることもあります。

知覚が敏感な人は冷たい風に当たると涙が出たり、ドライアイの場合に乾燥による刺激で逆に涙がジワッと出る場合もあります。原因によって対処法が異なりますが、結膜炎は点眼薬で治療します。いずれにしても、まずは早めの眼科受診をお勧めいたします。

目やにが出るのは、細菌やウィルス、アレルギーなどで結膜炎を起こしていることにでる場合が大部分です。ごく軽ければ自然に治る場合もありますが、長く続く場合は涙が鼻に出ていく通り道(涙道)の途中にある涙嚢(るいのう)という袋が炎症を起こして化膿していることがあります。
原因によって治療法がそれぞれ異なりますので、悪くならないうちに眼科を受診することが大切です。

眼がかゆい

花粉やダニ、カビ、動物の毛やフケなどに対してアレルギー反応を起こすアレルギー性結膜炎に多い症状ですが、原因は必ずしもアレルギーとは限らず、逆さまつげが眼を傷つけていることもあります。 かゆいからと言ってこすってしまうと瞼や結膜が腫れてしまい、ひどい場合には白目の結膜がブヨブヨになって瞼からはみ出してしまうこともありますので、点眼薬による治療が必要です。

物が見えにくい

近視、遠視、乱視、老視(老眼)のほかに、白内障や緑内障などの病気が隠れていることもしばしばです。2~3秒、数分、数十分で回復するものや長く持続するもの、突然起きる場合や、何ヶ月、何年もかけて徐々に起きる場合もあります。

心配の無いものから失明に至る恐れのあるものまでケースはさまざまで、時には眼が原因ではなく、脳に問題が生じていることもありますので、まずは眼科できちんと診察を受けてください。

眼が疲れる

眼が疲れる

眼は体と同様に、使い過ぎれば当然疲れます。パソコンや携帯メールを長時間続ければ疲れるだけでなく、視力も短期間のうちに極端に悪くなることがあります。
さらに肩こり、頭痛にもつながります。他にも、遠視、近視、乱視、老視などが正しく矯正されていなかったり、視力に左右差があったり、斜視、結膜炎や虹彩炎、ドライアイ、緑内障などの病気が潜んでいることもありますので、眼科への受診が必要です。

尚、眼を使い過ぎて疲れた時は、とにかく作業を中断して眼を休めてあげてください。火傷をしない程度の熱さの湯を絞ったタオルで瞼の上から温めると楽になります。

なにかが飛んでいるように見える

このような症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。浮遊物は、黒い物だったり、透明なアメーバのようだったり、虫のようだったり、髪の毛のようだったり、色や形、数は様々です。中にはそれがひじょうに大きいため邪魔になり、読んでいる字がそこだけ見えなくなることもあります。

飛蚊症の大部分は病気ではなく、眼の老化によって起きますが、眼球の内部の炎症や出血、網膜はく離のこともあります。何年も変化の無いような飛蚊症はまず問題ありませんが、急に出てきたり数が増えたなど、変化が生じた場合は、できるだけ早く精密検査を受けてください。

眼の奥が痛い

眼の周りの骨の部分が痛かったり、眼球ではなく眼球の後ろの方が痛む場合には、目が原因ではなく、副鼻腔炎によることがあります。鼻の症状があったり、微熱が続いている場合は、まず耳鼻咽喉科で診てもらうことをお勧めします。
また、視神経の炎症や糖尿病による脳神経麻痺に、眼の奥の痛みが伴う場合もあります。

物が二重に見えたり、かすんだりする

近視、遠視、乱視、老眼等で眼鏡が必要な場合や、白内障など視力低下を起こす病気が原因となっていることがあります。
まず、それが片目で見た時にも二重に見えるのか、両目で見た時には二重に見えるが、片目ずつでは普通に見えるのかを確かめてください。

片目ずつなら普通に見えるのなら、斜視による場合もありますが、脳や体のどこかに原因があることが考えられます。この場合は、脳神経外科や神経内科、総合病院の眼科を受診してください。 片目で見ても二重に見える時は、そちらの眼に異常があります。乱視や白内障、角膜の異常、網膜の中心部が腫れていたり、網膜はく離が見つかることもあります。

この他にも、何か眼の異常を感じたら、迷わず眼科専門医を受診してください。

医院概要医院概要

医療法人社団福地会 福地眼科

所在地
〒156-0057
東京都世田谷区上北沢3-17-3 NKビル2階
電話
03-3304-5586

診療時間

  日祝
9:00~12:30 - -
14:30~17:30 - - -

休診日 木曜・日曜・祝日

※学会などの場合、上記以外で休診させて頂くことがございます。
※緊急時などはHPに記載できない場合がございますのでご了承下さい。

ACCESSMAP